• TOP
  • 【会場参加】英語で日本酒を伝えるためのキーポイント

受付終了

カテゴリ
教養 / 食べる

【会場参加】英語で日本酒を伝えるためのキーポイント

今田 周三(いまだ しゅうそう) 日本酒造組合中央会 日本の酒情報館館長


2022年10月19日(火)15:00~16:00(1時間)

令和アカデミー倶楽部 新橋校

  • 全1回
  • 定員15名

お申し込み

3,500円(税込)

全1回

令和アカデミー倶楽部会員様は無料でお申し込みいただけます。

学ぶこと

外国人に日本酒の文化と楽しみ方を伝えるために、

日本酒の味わいや特徴を説明するキーポイントを伝授します。

まず特徴的な日本酒の唎酒を行い、味わいの特徴を表現する方法を説明しながら、

日本酒の原材料となる米・水・麹について学び、

また温度や料理など日本酒の楽しみ方を学んで頂きます。

 

① 試飲 典型的なタイプ2種の唎酒(香りの高い吟醸、コクのある純米)

 

② 導入

外国人に良くある誤解、アジア系と欧米系の興味の傾向など

 

③ 日本酒の説明

・米・水・麹について

・タイプのキーワード

・楽しみ方(温度・料理)

 

④ Q&A

 

*この講座は【会場参加】と【オンライン講座】同時に開催する講座です。

オンライン講座をご希望の方は、下記の関連講座からお申込みください。

講師

今田 周三(いまだ しゅうそう) 日本酒造組合中央会 日本の酒情報館館長
東京生まれ。一橋大学法学部を卒業後、新日本製鐵㈱に入社。
平成元年に実家の酒類問屋に入社し、酒類流通に携わる。平成24年に㈱山水舎を設立し、マーケティングコンサルタントとして酒蔵をサポート。
平成28年より日本酒造組合中央会 日本の酒情報館館長に就任し、国内外に向けた日本酒・本格焼酎の普及活動を行う。
海外向け英語ポッドキャスト番組「Sake On Air」を創設。
「Sake Future Summit」「Sake Salon」等の海外向け事業を手掛けるほか、様々な学術研究会への参画、セミナー講師等の活動を行う。

講座概要

日時

2022年10月19日(火)15:00~16:00(1時間)

持ち物

  • 筆記用具
  • マスク

場所

令和アカデミー倶楽部 新橋校
東京都港区新橋 2-4-1
JR メトロ「新橋駅西口」より徒歩約5分、都営三田線「内幸町駅」より徒歩約1分

最低催行人数

4人

キャンセルポリシー

当日 100% 
開講日の3営業日前から前日 30%
開講日の4営業日より前 なし

備考

新型コロナウィルスの感染症予防対策 新橋の施設では、東京都感染拡大防止ガイドラインを遵守し、下記の方策により感染症の予防に最大の配慮を行います。 1.講師はフェースシールド着用 2.ソーシャルディスタンスを配慮した机の配置 3.マスク着用の徹底 4.入場口や施設内各所に消毒備品等を設置し、入場者の手洗いや手指消毒の徹底 5.非接触型機器などを活用し入場者を検温(センサー)

受講料

3,500円(税込)

全1回

「教養」カテゴリの講座

「食べる」カテゴリの講座

ピックアップ講座

日本について深く正しく学び本物の教養を身に付けたいと願う方へ。
令和アカデミー倶楽部は、上質な学びを約束します。

講座に関するご不明点など、お気軽にお問い合わせください。

お申し込み内容のご確認

以下の内容にてお申し込みを承ります。よろしければ「申し込む」ボタンを押してください。

講座名

日程

お名前

お名前(カタカナ)

メールアドレス

お電話番号

Registration Complete.

お申し込みが完了しました

お申し込みを承りました。
事務局より、折り返しご連絡させていただきますのでしばらくお待ち下さい。

Registration Failed.

送信できませんでした

送信時にエラーが発生しました。
しばらく経ってから再度お申し込みください。