• TOP
  • 【世界の中の日本の酒文化】第四回 日本酒とワイン テロワールを考える

受付中

カテゴリ
教養 / 食べる

【世界の中の日本の酒文化】第四回 日本酒とワイン テロワールを考える

酒文化研究所 第一研究室長 山田聡昭


2020年10月9日(金)17:00~18:30(1時間30分)

令和アカデミー倶楽部 新橋校

  • 全1回
  • 定員12名

お申し込み

6,000円(+税)

全1回

学ぶこと

アジアのさまざまな米の酒のなかで、

洗練を重ねて無色透明に仕上げたのは日本酒だけです。

また、日本では伝統的に「酒が主でフードは従」とされています。

こうした日本酒の良さを学び、体験する講座です。

毎回講師が選んだ特別な日本酒を試飲していただきます。

 

 

第四回 日本酒とワイン テロワールを考える

2020年10月9日(金)17:00~18:30(1時間30分)

 

【試飲】…山田錦の酒比較、同一産地・同一品種の酒の比較

講師

酒文化研究所 第一研究室長 山田聡昭
1986年武蔵大学人文学部卒。マーケティング企画会社を経て1991年に株式会社酒文化研究所の設立に参加。1996年より同所の機関紙『酒文化』の編集長。酒類の消費と流通を中心に、文化的背景を踏まえた考察を展開。また、2005年から日本酒のコンテストを複数運営している

講座概要

日時

2020年10月9日(金)17:00~18:30(1時間30分)

持ち物

  • 筆記用具
  • マスク

場所

令和アカデミー倶楽部 新橋校
東京都港区新橋2-4-1
JR「新橋駅西口」より徒歩約5分、都営三田線「内幸町駅」より徒歩約1分

最低催行人数

4人

キャンセルポリシー

当日100%
前日50%

備考

■香水などにおいの強いものを避けてください ■新型コロナウィルスの感染症予防対策 新橋の施設では、東京都感染拡大防止ガイドラインを遵守し、下記の方策により感染症の予防に最大の配慮を行います。 1.講師はフェースシールド着用 2.ソーシャルディスタンスを配慮した机の配置 3.マスク着用の徹底 4.入場口や施設内各所に消毒備品等を設置し、入場者の手洗いや手指消毒の徹底 5.非接触型機器などを活用し入場者を検温(センサー)

受講料

6,000円(+税)

全1回

講座のお申し込み

プライバシーポリシーをご確認のうえ、以下のフォームよりお申し込みください。
担当者より、折り返しご連絡させていただきます。

講座名

【世界の中の日本の酒文化】第四回 日本酒とワイン テロワールを考える

日程

お名前

正しい形式でご入力ください

お名前(カタカナ)

正しい形式でご入力ください 

メールアドレス

正しい形式でご入力ください

お電話番号

正しい形式でご入力ください

ハイフン(-)を含めずにご入力ください。

「教養」カテゴリの講座

ピックアップ講座

日本について深く正しく学び本物の教養を身に付けたいと願う方へ。
令和アカデミー倶楽部は、上質な学びを約束します。

講座に関するご不明点など、お気軽にお問い合わせください。

お申し込み内容のご確認

以下の内容にてお申し込みを承ります。よろしければ「申し込む」ボタンを押してください。

講座名

日程

お名前

お名前(カタカナ)

メールアドレス

お電話番号

Registration Complete.

お申し込みが完了しました

お申し込みを承りました。
事務局より、折り返しご連絡させていただきますのでしばらくお待ち下さい。

Registration Failed.

送信できませんでした

送信時にエラーが発生しました。
しばらく経ってから再度お申し込みください。