• TOP
  • 【対面講座】『古今和歌集』を人生に取り込む 全4回

受付終了

カテゴリ
教養 / 日本人の心

【対面講座】『古今和歌集』を人生に取り込む 全4回

中田 幸司 玉川大学教授


2024年4月20日(土)、5月18日(土)、6月15日(土)、7月20日(土)各日10:30~12:00(90分)

令和アカデミー倶楽部 新橋校

  • 全4回
  • 定員20名

お申し込み

17,600円(税込)

全4回

令和アカデミー倶楽部会員様は無料でお申し込みいただけます。(教材費は別途頂戴いたします)

学ぶこと

【対面・オンライン併催】 *この画面は対面講座の申し込み画面です。

 

和歌―やまとうた・わか・ウタ―はわずか5・7・5・7・7の31音に凝縮された短詩型文学です。

なかでも一千有余年の歴史を越え、今日まで脈々と伝わるのが『古今和歌集』です。

春の花、秋の紅葉をはじめとする四季や恋心のうつろいが日本の心とことばの規範として示されます。

時は平安時代、延喜5(905)年に醍醐天皇に命による国家の一大事業として編纂され、

『枕草子』や『源氏物語』など日本文学史上にもその名を残します。

この歌集にかかわった撰者・紀貫之らは「和歌とは何か」に対峙し、全20巻1100首余りを収集しました。

ここには何がどのように表現されているのか。

日本の豊かな風土の上に醸成された思想と表現は現代人にも通じる教養です。

今回は全4回にわたり考察と紹介をいたします。

 

第1回 和歌とは何か、なぜいま和歌か―先行きの見えない今、見えない心を読み取るために―

4月20日(土)10:30~12:00

 

『古今和歌集』の編纂という一大事業は、この歌集に付された仮名序に始まります。冒頭の「やまとうたは~」から何を読み取ればよいのでしょうか。海外・大陸から多くを学び、さらに凌駕しようとする姿勢をみると、時代を越えた現代に至る日本にも通じるところでしょう。和歌とは何か、〈ウタのチカラ〉とは何か。第1回は日本の心とことばにあふれる『古今和歌集』の仮名序に示された和歌や歌人を時節の和歌を紹介し誘ってまいります。

 

 

第2回 「六歌仙」なる先人をどう評価したのか―先輩への忖度と自己主張の葛藤―

5月18日(土)10:30~12:00

 

仮名序に示された「六歌仙」はいわば撰者・紀貫之らの先人たちです。先人に敬意を表しつつ、そこを乗り越え、新たなウタを作り出す姿勢が貫之ら歌人には求められています。一方、『古今和歌集』の一首一首は往時のことばと心が読む側の想像をかきたて、大きな魅力となりますが、その和歌をいかに並べるか―いわゆる「配列」―も大いに工夫がされています。想像から創造へ。第2回目は『古今和歌集』の「六歌仙」と配列や型などを考察しつつ時節の和歌を紹介し誘ってまいります。

 

第3回 四季と恋―自己中心的とはいわせない、目配りと気配りの余裕― 6月15日(土)10:30~12:00

 

『古今和歌集』の二大テーマとなるのが四季と恋です。いずれも時の流れとともにうつろいゆくところが相通じるところですが、四季には循環性があるのに対し、恋は人生の一部として不可逆性があるのかもしれません。第3回目は自然と人事を二大テーマとした『古今和歌集』から四季の代表的な歌ことば「桜」・「紅葉」を含む和歌をあげ、和歌史の流れの中に置くアプローチの方法と他者への意識、そして現代人との位相差を考察しつつ、時節の和歌を紹介し誘ってまいります。

 

第4回 生と死のはざま―他者とのなかの自分流―           7月20日(土)10:30~12:00

 

人事としての恋はまだ相手を十分に知らない段階の和歌から始まります。この恋の思いを自ら吐露するのも和歌ですし、思い人に思いを届けるのも和歌。一方で恋は必ずしも成就するものばかりではありません。『古今和歌集』には恋の終焉もさらには人生の終焉も示されています。人生の終焉―死―を考えることは日々の営み―生―を考えること表裏一体とすれば、この歌集は生きとし生けるものの多くの人生が凝縮されています。個や集団とのつながりのなかに存在した和歌の示す心とは何か。第4回目は恋や死、個と集団さらに心を表明することについて考察しつつ、季節の和歌とともに誘います。

 

*この講座は14日間のアーカイブ視聴が可能です。

(講座終了後に視聴用URLとパスワードをお送りします)

*オンラインで受講される場合は下記の関連講座からお申込みください。

 

講師

中田 幸司 玉川大学教授
昭和40(1965)年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。高校・予備校・大学等講師、ラジオパーソナリティー等を経て現職。国会議員政策担当秘書資格をもつ。2013年日本歌謡学会第30回志田延義賞受賞。著書に『平安宮廷文学と歌謡』(笠間書院)、『「古今和歌集巻二十」―注釈と論考―』(共著、新典社)、『学びを深めるヒントシリーズ伊勢物語』・『同 枕草子』(共著、明治書院)、『「宇治」と豊饒の文学風土』(共著、新典社)他など。

講座概要

日時

2024年4月20日(土)、5月18日(土)、6月15日(土)、7月20日(土)各日10:30~12:00(90分)

持ち物

  • 筆記用具

場所

令和アカデミー倶楽部 新橋校
東京都港区新橋2-4-1
JR・東京メトロ新橋駅日比谷口より徒歩約5分、都営三田線内幸町駅より徒歩約1分
①JR新橋駅から
日比谷口SL広場を右に出てマクドナルドを左折、直進。中華料理店「新橋亭」から3軒目です。

②東京メトロ銀座線から
8番出口を出てマクドナルドのほうに信号を渡り直進。中華料理店「新橋亭」から3軒目です。

③都営三田線内幸町駅から
A1出口を出たら後方に歩いて交差点を渡らず右折。進行方向にみずほ銀行と新橋亭があり、みずほ銀行の次のビルです。

最低催行人数

4人

キャンセルポリシー

当日 100% 
開講日の7営業日前から前日 30%
開講日の8営業日より前 なし

備考

受講料

17,600円(税込)

全4回

全4回セットでお申し込みの場合は、第1回開催後のご返金はできませんのでご了承ください。
各回単発やオンラインで受講される場合は、下記の関連講座からお申込みください。

「教養」カテゴリの講座

「日本人の心」カテゴリの講座

日本について深く正しく学び本物の教養を身に付けたいと願う方へ。
令和アカデミー倶楽部は、上質な学びを約束します。

講座に関するご不明点など、お気軽にお問い合わせください。

お申し込み内容のご確認

以下の内容にてお申し込みを承ります。よろしければ「申し込む」ボタンを押してください。

講座名

日程

お名前

お名前(カタカナ)

メールアドレス

お電話番号

Registration Complete.

お申し込みが完了しました

お申し込みを承りました。
事務局より、折り返しご連絡させていただきますのでしばらくお待ち下さい。

Registration Failed.

送信できませんでした

送信時にエラーが発生しました。
しばらく経ってから再度お申し込みください。